菅首相とビル・ゲイツ氏が、東京オリンピック開催の重要性で一致した。

菅首相は12日、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏と電話で会談し、新型コロナウイルス対策をめぐり、意見交換した。

東京オリンピック・パラリンピックについて、ゲイツ氏が「東京大会開催は、世界に対して大きなメッセージになる」と期待を表明し、菅首相は「必ずやりきる」と応じた。

菅首相とゲイツ氏は、東京大会開催には、発展途上国にもワクチンが行き届くことが重要だとの認識でも一致し、国際保険分野で協力していくことを確認した。