「銀座=大人な街」というイメージをもつ人は少なくないだろう。しかし、最近では若者たちが出会いを求め、夜な夜な銀座に集まるとの噂を耳にした。そこで、「銀座で出会い…?」と半信半疑になりながらも、実際に人気店に潜入してみることに。

出会いのためにどうして銀座まで来るの?
人気店でイマドキ男女の本音を調査!

今回お邪魔したのは、銀座にある「銀座 Standing Bar 333 トリプルスリー」と、その姉妹店「Standing Lounge 333 Ginza」

同店は、ドリンクとフードがチケット制で、入店時に男性はチケット3枚(999円)、女性はチケット2枚(600円)を購入するシステム。商品にもよるが、チケット1枚で飲めるドリンクが豊富で、銀座にありながら手ごろな料金で楽しめるのが魅力だ。

取材で訪れたのは、平日の20時半すぎ。はじめのうちは店内にまだ少し余裕があるくらいだったが、1時間もするとどんどん入店者が増え始めた。

ざっと見る限り、年齢層は20~30代、男女比は半々といったところだろうか。せっかくなら、お客さんのリアルな声を聞いてみたい。そう思い、数組の男女に話を聞いた。そのうち、3組の話を紹介しよう。

まずはじめは、職場(アパレル)の同僚だという29歳と30歳の女性2人組。職場は新宿にあり、この店に通う頻度は月に1~2回とのこと。

ーーこの店に来た理由は?
「大人な男性に出会うためです」

ーー出会いを求めるなら、職場がある新宿のほうがチャンスはありそうですが、どうしてわざわざ銀座に?
「渋谷や新宿よりごちゃつきがなく、落ち着いているから」

ちなみに、出会いの成功率は、5回に1回くらいだとか。

続いて、職場が近いということもあり週に5日、平日はほぼ毎日来ているという30歳の会社員男性。店内には、男女とも2人以上で来ている人が多いなか、ひとりで来店していた。

ーーこの店に来た理由は?
「出会うため」

ーー出会いを求めるなら、職場がある新宿のほうがチャンスはありそうですが、どうしてわざわざ銀座に?
「渋谷や新宿などの繁華街に比べて、ナンパされ慣れている女性が少ないので、少し話すと興味を持ってくれやすいから」

最後に話を聞いたのは、23歳・看護師の2人組の女性。なんと、この日が初めての来店だそう。

ーーこの店に来た理由は?
「出会いを求めて来ました」

ーー出会いを求めるなら、職場がある新宿のほうがチャンスはありそうですが、どうしてわざわざ銀座に?
「コリドー街を歩いていると、ナンパされやすいと聞いたので」

このように、銀座、特にこの店には「出会いを求めて」やってくるお客さんは多いよう。

「銀座のイメージは?」と聞いてみたところ、「大人やサラリーマンが多い」「高級」などのイメージがあるようだが、それでも銀座にやってくるのは、「大人な男性に惹かれる」「上品な女性に出会いたい」から。これがイマドキの男女の恋愛観…?

男女の出会いだけじゃない!
ビジネスに発展するケースも

若者が銀座に来る理由がなんとなく見えてきたところで、今度は店側の意見を聞いてみることに。対応してくれたのは、「Standing Lounge 333 Ginza」の店長・鎌形頼正さん。

自身の店が「男女の出会いの場」として話題になることをどう思っているのだろうか?

「結果的にそう言っていただくことは多いですし嬉しいことですが、当店としては異性に限らず、同性も含め多くのお客様とコミュニケーションを図り、あくまでも交友関係を広めていただく“場所”を提供することが一番の目的です。実際に当店で出会い、結婚したというお客様もいらっしゃいますし、ビジネスでタッグを組むことになったお客様もいらっしゃいます」

性別の枠を超えて、様々な人と出会い触れ合えることで、恋愛に結びつくことがあれば、ビジネスに結びつくこともある。“男女の”とは言わないまでも、同店をはじめ銀座周辺の飲食店などが“出会いの場”としての機能を果たしているというのは、どうやら本当のようだ。

コリドー街は若者が通いやすい場所?
リーズナブルな飲食店も増加傾向に

最後に、周辺の飲食店を含む、“銀座の飲食店”としてどのような形で街に携わっていると思うか聞いてみたところ、以下のように話してくれた。

「近年、コリドー街を中心にリーズナブルなお店が増えている印象です。それと同時に、若い人が増えたような気もします。高級クラブや老舗の料理店など、これまでの銀座の飲食店はどちらかというと、『1軒だけでゆっくり時間を過ごす』という人が多かったと思いますが、当店をはじめコリドー街周辺では『リーズナブルなお店を何軒もはしごする』人が多く、若い人にちょうど良いのではないでしょうか」

実際、取材後にコリドー街をフラッと歩いてみたが、たしかに若者の姿は少なくない。特に、「女性の2人組」が多いように感じた。周辺の飲食店に関しても、若者が思う「高級」なものばかりでなく、いわゆる大衆居酒屋のような店舗もチラホラと見受けられる。

いまだに「銀座=高級、大人」といったイメージがあるということは、それだけ銀座という街が大きな存在感を示し続けているということの裏返しとも言えるだろう。しかし、その面だけを見ていては、本当の銀座の魅力に気づけない。銀座が変わったのではなく、大人な街・銀座に若者をも魅了する力があることに、あらためて注目が集まっただけなのかもしれない。


取材・文=明日陽樹/考務店
取材協力
・銀座 Standing Bar 333 トリプルスリー
・Standing Lounge 333 Ginza
http://bar333.jp/