緊急事態宣言下の首都圏は、本格的な受験シーズンを迎え、埼玉県では、私立中学の入試が始まった。

10日に入試日を迎えた埼玉県の大宮開成中学では、受験生が保護者に付き添われ、登校する姿が見られた。

受験生「塾が休校になったから、その分、勉強が塾でできなくなったので、どう工夫して勉強するか考えた」

保護者「(試験がどうなるかという不安あった?)ありました。緊急事態宣言が出たばかりだったので、どういう状況になるか心配だった」

この中学校では、10日に受験するおよそ1,600人を2つのグループに分けて、試験の開始時間をずらしたほか、1クラスあたりの受験生の数を少なくするなど、異例の中学入試となっている。