笑顔の女性医師が所有する住宅に放火…一体なぜ?

カメラに向かって笑顔を見せる髪の長い女の写真…放火の疑いで逮捕された医師・鈴木瑞穂容疑者39歳。

この記事の画像(9枚)

1月8日朝、栃木警察署から送検された際の映像では足に包帯が巻かれ、捜査員に抱えられるようにして車いすから護送車に乗せられた。

鈴木容疑者は1月3日、自身が栃木県小山市に所有する住宅に火をつけた疑いが持たれている。住宅は当時リフォーム中だった。近所の人は…

近所の人
確かにちょっとおかしかったんですよね。リフォームされてたんですけど12月30日に業者の方は終わって31日から空き家だったんですけど。1月3日の午前5時ごろかな…出火されたんで。何が原因なんだろうねって…

火災発生当時の写真を見ると1階から2階にかけて大きな炎が上がっているのがわかる。

火は約2時間半後に消し止められた。鈴木容疑者もこの火事で足や右手にやけどを負った。一体なぜリフォーム中の家に放火したのだろうか?

産業医としてメンタルヘルスの相談も

鈴木容疑者が代表を務める事務所のホームページによると、会社従業員らの健康管理にあたる産業医をしているという。

ホームページによれば鈴木容疑者は日本産業ストレス学会などにも所属していて、メンタルヘルスの相談などにも力を入れているとしていて、モットーは「有言実行!」と記されていた。

警察の調べに対し鈴木容疑者は「ガソリンをまいて火をつけた」などと供述し、容疑をおおむね認めているという。

警察によると火災の起きた3日は鈴木容疑者と連絡がつかなかったものの、翌日になって話を聞いたところ自分で火をつけたことを認めたという。警察は放火の詳しい動機について調べている。

(イット! 1月8日放送より)