国の給付金100万円をだまし取った47歳の母と20歳の息子が逮捕された。

知人の少年に個人事業者を装わせ…

1月7日、埼玉県警の深谷警察署に任意同行されたベスト姿の金髪の男。国の持続化給付金をだまし取った詐欺の疑いで逮捕された、建設会社社員 相原龍弥容疑者(20)だ。

この記事の画像(9枚)

続いて別の車で同じ警察署に入ったのは、相原容疑者の母親 相原美宝容疑者(47)。

2人は2020年8月、知人の19歳の少年に個人事業者を装わせ、持続化給付金のオンライン申請で嘘の売上金額などを入力。現金100万円をだまし取った疑いが持たれている。

地域の清掃などに参加する「明るい親子」

給付金詐欺の疑いで親子が逮捕されるという異例の事件。2人はなぜ犯行に及んだのだろうか?

埼玉県熊谷市の自宅で親子3人で暮らしているという相原龍弥容疑者と美宝容疑者は、ともに行田市内にある建設会社で働いているという。

相原龍弥容疑者と美宝容疑者の自宅(埼玉県熊谷市)

2人を知る近所の人に話を聞くと…

近隣住民:
ゴミ集積場の掃除とか、お母さんとお子さん、お父さんとかちゃんと出てたり、奉仕活動にも出ていました。息子さんは明るい人でしたよ。お母さんはちょっと明るい感じかな

今回の事件の舞台となった持続化給付金をめぐっては、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減った事業者を迅速に支援するため、申請を簡略化していることから同様の事件が後を絶たず、警察庁によると2020年12月18日までに39都道府県で279人が摘発されている。

自分の名義でも受給 建設会社を家宅捜査

調べに対し母親の美宝容疑者は「行田市にある建設会社に誘われて、息子などと一緒にだまし取った」などと供述。

息子の龍弥容疑者も「母親などと一緒にやった」と話し、容疑を認めているという。

警察は、今回の事件の他にも2人が自分の名義で持続化給付金を受給していることから、不正に受け取ったとみて捜査。関係先として勤務先の建設会社の家宅捜索なども行っている。

(「イット!」1月7日放送分より)