アメリカ大統領選挙をめぐる混乱は、現職の大統領の支持者が議会に乱入し、死傷者も出るという異例の事態になった。

日本時間の7日未明、トランプ大統領の支持者、数百人が連邦議会の議事堂に乱入した。

警察当局は、52人を拘束したと発表し、このうち4人は、無許可で銃を所持していたという。

議事堂に侵入した女性1人が、治安部隊に撃たれ死亡したほか、建物の外でも、3人が発作などにより亡くなった。

前代未聞の事態に、ニューヨークでは冷ややかな意見も聞かれた。

参加者「恐ろしい光景だったけど、ある意味驚かない。トランプ政権の4年間の締めくくる出来事だと思う」

議会では、一時中断したバイデン氏勝利の選挙結果を承認する審議が再開し、現在も続いている。