今日、福岡県が管理している新型コロナ患者の個人情報が、インターネット上に漏れていたことがわかった。ネット上で、第3者がアクセスできるようになっていた複数のファイルには、過去の検査で陽性だった約9,500人の名前や年齢、住所、くわしい症状などの個人情報が含まれていた。この件について、福岡県が会見で謝罪・説明する。


※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

【関連記事はこちら】
陽性患者 約9500人分情報流出 福岡県管理ファイルがネット上に