新型コロナウイルス感染拡大にともない、政府は7日、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県を対象に緊急事態宣言の発令を決定する。

それに合わせて政府は、対象地域での大規模イベントの人数制限を再び強化する方針を固めた。
政府関係者によると、12月から5,000人としている上限を1,000人まで引き下げる案や、2,000人まで引き下げる案などを検討しているという。

また、1都3県からの感染拡大を防ぐため、不要不急の旅行など「都道府県をまたぐ移動の自粛」を求める方針。

1日あたりの新規感染者数は、5日に過去最多の4914人と感染拡大が続いていて、専門家からは、医療提供体制の逼迫(ひっぱく)への強い危機感が示されている。

6日午後3時から行われる日本医師会の定例会見をライブ配信する。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

関連記事:
「緊急事態宣言」が発令されたら…外出は制限?内閣官房のサイトにQ&A

緊急事態宣言の発令で私たちの暮らしはどう変わるのか?

緊急事態宣言発令へ イベント人数の上限厳格化など「移動の自粛」求める方針

専門家ら強い危機感 感染者数シミュレーションも

商業施設 閉店時間繰り上げ 「外出自粛」受け