東京メトロは日比谷線の一部の列車内で1月29日から、試験的にクラシックなどのBGMを流すと発表した。

通勤列車では国内初だというこの試みを実施する理由とは? 東京メトロ広報部の担当者に話を聞いた。

車内で快適に過ごしてもらうための試み

ーー日比谷線の車内でBGMを流す理由は?

BGMを流すのは去年3月にデビューした13000系の車両で、そもそもBGMを流す機能はイベント列車の運行やスピーカー試験のために13000系の車両に導入したものです。

それをこの度、お客様サービス向上のため、お客様に車内で快適に過ごしてもらうため、試験的に車内でBGMを流すことになりました。

ーーBGMを流す車両の運行区間は?

日比谷線中目黒駅から北千住駅間です。

ーーBGMを流す車両の運行時間は?

運行時間は以下の表のとおりですが、事故や荒天などの理由でダイヤ乱れが発生した場合は、BGMを流さない可能性があります。

ーーBGMを流す車両の運行区間は?

日比谷線中目黒駅から北千住駅間です。

ーーBGMを流す車両の運行時間は?

運行時間は以下の表のとおりですが、事故や荒天などの理由でダイヤ乱れが発生した場合は、BGMを流さない可能性があります。

ーーどういう意図でこれらの曲をBGMに選んだ?

車内空間を快適に過ごしてもらうため、「癒し」をイメージして選びました。

(執筆: editors room)