新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないことから、東京都の小池知事など、1都3県の知事がそろって、政府に緊急事態宣言の発出をまもなく要請する。

東京都・小池知事「国に対して、1都3県でそろって要請をしていきたい」

東京都では、12月31日に、新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数が過去最多の1,337人になるなど、時短要請などの対策後も感染拡大が止まらない。

東京都の小池知事は、「感染爆発の瀬戸際といえる。通常医療にも大きな影響を及ぼす危機的な状況」として、同じく感染拡大が続く、埼玉・神奈川・千葉の知事と、そろって西村経済再生担当相に面会し、緊急事態宣言の発出をまもなく要請する。

関係者によると、2日、東京都でこれまでに、新たに814人が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

土曜日の感染者数としては、949人にのぼった12月26日に次いで多くなっている。

また、東京都の基準による重症者は、1日から6人増え、緊急事態宣言解除後最多の94人にのぼる見通しだという。