この記事の画像(10枚)

4月3日から新年度が本格的にスタート。新入社員は社会人デビューを果たしたばかりだが、Twitterにはすでに「仕事をやっていられない」「もう辞めました」などのネガティブな投稿が相次いでいる。

たとえば、こんな投稿。

私だったら1週間半で限界がくる

三浦瑠麗
ネタかなぁって思っちゃう部分もあるし、でも同時に私、辞めそうだなって思った。1週間半ぐらいで限界がくる可能性は結構、高いですね。

松村未央アナウンサー
ちなみに、会社で働いた経験は?

三浦
会社っていうか、東大(※三浦さんは現在、東京大学政策ビジョン研究センター講師)って官庁にすごい組織が似ているんですよ。たとえば、予算も第1次、第2次、第3次ってやるんですよ。私が予算を作っているんですよ。やばいですよね?

松浦茂樹(スマートニュース)
いやいやいや、やばくはないです(笑)。

Twitterは心の声を吐き出すはけ口

松村
松浦さん、こういった新入社員のTwitter投稿は最近のことなんですか?

松浦
自分のことを振り返ってみると、新入社員の時に1週間ぐらいで辞めた奴、いました。こういう話はちょくちょく聞くので、ある意味、Twitterは心の声や愚痴を吐き出すはけ口みたいな場としては機能しているところもあると思いますし、こういうの(新入社員のネガティブな投稿)が溢れちゃうのはある意味で仕方がないかなとも思ったりしますね。

松村
匿名の人たちが投稿している感じですか?

松浦
そうですね。匿名の人たちが投稿している感じです。匿名のブログとかもあったりするんですけど、「すぐ辞めました」とか「イメージと違う」とか「給料安くてもいいから楽な仕事がしたい」とかって書く人もいますからね。

松村
実名だったら、投稿を見た上司がこいつこんなことを考えているのかと思ったりしますからね。

松浦
それでも書く人は書くんでしょうね。

仕事が合わないなら転職した方がいい

松浦
僕は10回ぐらい転職しているんですけど、とはいえ、ずっとサラリーマンなんです。会社勤めでずっとやってきていて、いろんな新入社員をいろんな現場で見てきている身としては、(仕事が)合わないんだったら転職した方がいいって普通にすすめます。引き止めない方がいいかなぁって思って。楽しくなきゃ仕事じゃないんだから、次に行って楽しい仕事をやればいいと思うし、きつかったら向いてないと思えばいい。世の中、仕事がたくさんあるから、そこに上手くマッチするようなかたちで…。

辞めたら次がないって思って、ブラックになっていくぐらいだったら、気持ちをリフレッシュして次にいった方がいい世の中だと思いますよ。

三浦
いや~、完璧同意。いひひひひ(笑)。

松村
私、なんか、すぐ辞めて次でやっていけるのかって…自信とか勇気とかもないですし。

松浦
勇気の問題でいうと、逃げちゃダメだっていうより、むしろ逃げてください。我慢する方がもったいないです、時間が。

松村
松浦さんの「辞めた方がいい」っていう考えがすごいなぁって…。

松浦
インターネットだと人材の流動性がすごく激しいというのがありますよね。合わないんだったら、あなたに合った仕事が他にもあるはずだし、むしろ来てほしい場合には何が何でも来てくださいっていう風に、どんどん仕事場が変わっていくような環境なので。専門職の人だと、なかなか会社を移りづらいところとかがあるから、全員が全員、今の話が合うわけではないんですけど、ここまで仕事のバリエーションが増えたっていう意味でいうんだったら、合わないんだったら次を探した方が建設的かなって思います。

三浦瑠麗から新入社員へメッセージ

松村
では最後に、三浦さんから新入社員の皆さんへメッセージをお願いします。

三浦
私なんかがメッセージを発していいんですか?

松村
いいです。

三浦
じゃあ…つらかったら、すぐ辞めようね(笑)

三浦
いや、違う。つらかったらじゃない。辞めたかったら、すぐ辞めようね。つらくても頑張れるし、やりたいなって思ったらやろうね。

松村
私からは…もうちょっと耐えて頑張ろう。

三浦
この(私と松村さんの)ミックスがいい感じですね。