フロイト、ユングと並んで「心理学の三大巨頭」と称されるアルフレッド・アドラー。

トラウマの存在を否定し、「すべての悩みは対人関係の悩みである」「人はいまこの瞬間から変われるし、幸福になることができる」など、世間の常識を覆すような思想が特徴だ。

その内容を凝縮した書籍『嫌われる勇気』は2013年の発売以降、ビジネス書のランキング上位の常連になっている。

アドラーが注目され続ける理由を、著書の岸見一郎さんに聞いた。

岸見一郎さん
この記事の画像(5枚)

アドラーが生きていたら驚く?

――昨今のブームで「思想の内容を知らなくてもアドラーの名前は知っている」という人も多いですよね。

いまやフロイトを知らない人の方が多いかもしれない(笑)

本当はアドラーの名前ではなく、アドラーの言っていることの方が広まってほしいです。でも、実は、名前が知られていなかっただけなのかもしれないのです。

いまこれだけ受け入れられているというのは、アドラーの生きていた時代よりも今の時代の方が、アドラーの言っていることが受け入れられる土壌があったからだと考えていますが、以前もアドラーの考えはコモンセンスになっていたというのも本当です。全く新しい思想だったら受け入れられなかったでしょう。

そういうベースがあって、この本が現れたのです。

アドラーが生きていたら『嫌われる勇気』が今の時代に日本から始まり、世界中で読まれていることに本当に驚くと思います。

――ビジネスパーソンには、アドラー心理学からどういうところを感じ取ってほしいですか?


働いている人に考えてほしいのは「自分は何のために働いているのか」という問い。それを立ち止まって考えてみるのは大切なことだと思います。

もっと言うと、「あなたはどう生きるのか」という根本的な問いを、突き詰めて考えてほしいです。そのようなことを普段は考えないかもしれませんが、このまま今の仕事を続けてもいいのかと考えない人はないと思います。

――著書の中で、アドラーの思想として「自慢は劣等感の裏返しである」というものが出てきます。ビジネスの場面などで、自分を大きく見せた方が物事を進めやすい時はないですか?

自分の価値を自分で認めることができなくなっている人が多いですね。他者から承認されないと自分の価値がわからなくなっています。

自分の仕事の価値についても、自信のある人であれば、仕事以外のことで良く見せようとしなくてもいいことを知っています。

――自分に自信がないとしても、他者を説得する材料として必要なら、悪くないですか?


悪くないことはないですね。そんなことで人を動かせると考えるのが間違いです。

ツイッターのフォロワーが何万人いるからといって偉くなるわけでもないのに、それが自分の価値だと考える。仕事をするのなら、本質的なところで勝負すればいいので、自信がないために仕事の本質とは関係のない量的なものに自分の価値を見出そうとする。そのような人が多いような気がします。

数字や目に見えるものでしか価値が測れない時代

――報道もそういう面があるかもしれません。羽生善治さん、井山裕太さんへの国民栄誉賞を検討というニュースをとってみても、彼らの“すごさ”については「賞金をいくら稼いだ」とか「何連勝した」とか、定量的なもので伝えているケースが多いです。

『嫌われる勇気』の価値は何部売れたのかではないのです。もちろん、たくさんの方の手に渡っていることは著者としては嬉しいのですが、この本の価値は何部売れたかでは測れない。この本が本当に必要な人に読まれ、人生が変わったという人が一人でもいれば、それが本の価値なのです。

僕はたくさん本を書いていますが、こんなふうに考えて、どの本も全力を尽くして書いてきました。

賞金とか部数は見えやすいですが、それは、羽生さんたちの価値のすべてではない。本質的なところではないだろうと僕は思っています。

羽生善治さん、井山裕太さん

――SNSの「いいね!」など、数値で測ろうとするものが現代社会にはあまりに多いんですかね?

多いです。そういうものでしか価値を見いだすことができなくなっているのが現代人です。僕の頃はあまりなかったですが、大学の偏差値というものが普通に言われるようになり、どの大学を受けるかを決める時の判断基準にする人は多いですね。

ある学校で講演したとき、先生が、「わが校は、偏差値は低いけれどいい子たちばかりだ」と言われ驚いたことがあります。先生がそんなことを言ったら、生徒はがっかりするでしょうね。

「わが校の価値は偏差値が高いことではない。大学の合格者が多いことでもなく、こんなに素敵な生徒たちがいることです」と先生に言ってほしいです。生徒が素敵であることと偏差値は関係ありませんし、そもそも生徒の良さを語る時に偏差値も大学の合格者数のことも言う必要はありません。

それくらい数字や目に見えるものでしか価値が測れない時代になってきているというのは残念です。

――「偏差値至上主義」の様々な弊害はずっと指摘されていますが、「数字や目に見えるもの」への信仰から脱却するのは難しいのですね。


特に男性同士で強いように思います。初対面で学歴を聞く人がいますよね。歳を聞いてくる人もいます。「先生と同い年なんですよ」とか「私のほうがちょっとだけ先輩ですね」というような話になります。歳がわかった途端に態度が変わるのはおかしいですね。

上下関係を築くときの判断材料が数字です。また、学歴を聞けば、それで相手の価値がわかった気がします。そういうものを頼りにしなければ、相手の価値を判断できないのです。

――数か月の違いでもいいから、何か「数字の特徴」を見つけたいということですか?


そう。僕のところにカウンセリングに来た、就職したばかりの若い人がいたのですが、自己紹介を始めました。

「どんな本を最近読んだ」とか、「どんな本が好き」とか、「どんな音楽が好き」とか、そんな話をしてくれるのかと思ったのですが、履歴書に書いてあるようなことを言う。「どこどこ中学校を出て、どこどこ高校を出た」と。

数字ではなくても、そういう見えやすいところに価値を見出そうとする人が多いのです。