気になるクリスマスと年末年始の天気ですが、警報級の大雪の可能性が再び…。いつどこで雪が降るのか、天達気象予報士が詳しく解説します。

この記事の画像(12枚)

クリスマスイブの西日本側は「傘必須」

まず12月24日、クリスマスイブの天気から見ていきましょう。

関東・東北太平洋側では、雲は少し増えそうですが、雨の心配はなさそうです。

しかし、それ以外の地域では朝から雨に…。この雨は午後にかけて強まってくる予想で、西日本は大きめの傘が必要になってきそうです。

ポイントは気温が非常に上がってくるため、北海道や東北も雨になる可能性があること。外出の際は傘を忘れずにお持ちください。

ホワイトクリスマス?25日は「雨が雪に…」

では12月25日、クリスマス当日の天気はどうなるでしょうか?

北海道や北陸の日本海側は雨に…。

しかし時間の経過とともに寒気が流れ込み、夜更けすぎには降っていた雨が雪に変わりそうです。

早いところでは24日深夜くらいから雨が雪に変わり、積もる所もありそうです。一度暖かくなってから新雪が積もるため、足元が滑りやすくなっているので外出の際は注意が必要です。

一方で、太平洋側、西日本、沖縄では晴れるところが多く、日中は暖かく過ごしやすい気候になりそうです。しかし、油断は禁物。

夜になると冬型の気圧配置により北風が吹きこみ「風冷え」となるでしょう。気温が10℃くらいあっても体感温度は5℃くらいになってしまうので、マフラーなど防寒小物を持っていると安心です。

年越し寒波!警報級の大雪も

気を付けたいのは、年末年始にかけての天気です。

12月29日を境に今シーズン最強の寒波が到来し、警報級の大雪になる所もありそうです。日本海側は猛吹雪となり、西日本でも雪が積もる所がありそうです。太平洋側はカラッとした冬晴れにはなりますが、足元が凍結するほどの寒さになりそう。お出かけの際には、最新の天気予報のチェックを忘れずにお願いします。

あまダネ!では、みなさんから『季節の絶景動画や写真』のほか『不思議な現象を捉えた写真』『お天気のギモン』などを募集しています!公式ツイッターで「#あまダネ」をつけて投稿頂くか、公式HPまでお寄せください。

(とくダネ!『あまダネ!』12月23日放送)