「俺も長時間労働やってここまできた」

”働き方改革実現会議”で具体策検討を指示した安倍首相。今やほとんどの政党が選挙公約にあげていて、みんながやったほうがいいよねと思っている同一労働同一賃金・長時間労働是正。ここまで来てどうしてできないのかを掘り下げたい。

女性活用ジャーナリスト/研究者 中野円佳氏

三浦氏「長時間労働などの問題は指摘されているのに、働き方改革はなぜ進まないと思いますか?」

中野氏「現状の問題として、経営者というよりは中間管理職の方々が、過去の成功体験を引きずっているというところがあると思うんです。『俺も長時間労働やってここまできた』ということだったり、人を評価する時に府中立性を見る概念がなくて、『あいつは頑張ってるから』みたいなところで評価してしまう習慣や固定概念っていうのがなかなか打ち破れないというのが問題じゃないかなと思います」

三浦「今のお話って雰囲気ベースというか、カルチャーじゃないですか。そこを変えるには、日本はやっぱり御上から言われるしかないんですか?」

中野氏「(笑)そうですね。本来は企業が自分で問題意識を持ってやっていくほうがいいと思うんですね、プロセスとして。ちゃんと価値を発揮しながらいかに効率的にやるかということを自分たちで考えてやる方がうまくいくと思うんですけど、一方で『クライアントが遅くまでやってるから』みたいな、お互いにどんどん長時間労働になっていくというような風土的な問題もあります。また、さっき申し上げた過去の成功体験みたいなものもあって、何かを変えてみることが『売り上げが下がるんじゃないか』とか、やっぱり怖いと思うんですね」

三浦「なるほど」

中野氏「なので、そこは外圧という形での国のインセンティブやムーブメント的に連帯責任でやってみることにして、『意外とできるじゃん』ってなったり、問題が出てきたら『じゃあどういう風にかえたら克服できるか』みたいなところでまたアイデアが出てきたりして、変わっていくというのはあり得るんじゃないかなと思うんですよね」

「同一労働・同一賃金」で転職が容易に

昭和女子大学特命教授 八代尚宏氏

三浦「八代さんにも、今まで働き方改革というのは言われてきたし生産性が上がることが明らかにされてきているのに、なんで進まないのかというところを伺いたいんですが…」

八代氏「例えば同一労働同一賃金に反対する人は誰もいない。なぜできないのか。それは、そうなると困る人がいるからなんです。もし同一労働同一賃金を外国のように厳格にやろうとしたら、それは当然、年功賃金の是正を避けては通れない。そうすると、今まで年功賃金でもらってきた人たちは当然反発するわけですから、それをどうやって抑えるかというのが、最大の問題になってくるわけです」

三浦「この働き方改革で本当に幸せになれるかというのはどうですか?」

八代氏「幸せを感じるかどうかというのは個人差があると思うんですけれども(笑) 大事なことは同一労働同一賃金に近づけば、それだけ転職が容易になる。これは重要なポイントです。日本は転職しにくいから嫌でも我慢して働かなければいけない。『評判が悪くなった企業から人が逃げることができる』というを状況を作ることが実は労働流動化の一つのメリットなんです」

三浦瑠麗

三浦「働き方改革とは、現在の無限定性の働き方に、色んな個人に合わせた制限を加えていき、その職種としての賃金というものが、その人の能力によって定まっていく。そうすればA社が気に入らなければB社に移動する。というような流動性も生まれる。という総合的なありかたですね。よく言われている長時間労働だけにとどまらないということが今回のお話ではっきりしました。

改革として、まず必要なのは”同一労働同一賃金”を導入をすること。日本ではこれを逆さまにして、”同一賃金同一労働”という言い方をすることがあるんですね。これすごく日本的な言い方で、”同じだけもらってるんだから同じぐらい働けよ”ということなんです。訳し方にもメンタリティーを示していますよね。まず制度として会社に説明責任を課すこと政策案に上がっていますが、これはかなり効果をあげそうです」


「明日のコンパス(2016.9.29放送)」より