日本人研究者が開発した画期的がん治療法「光免疫療法」

がん治療において、今大きな期待を集めている新しい治療法があります。
それは米衛生研究所の日本人研究者、小林久隆主任研究員らが開発した「光免疫療法」
医学会の期待は大きく、米国食品医薬品局が今年、異例の速さで臨床試験を認可しました。

この記事の画像(3枚)

近赤外線+抗体+色素で発する熱で、がん細胞を死滅!

では、どういった仕組みでがん細胞を死滅させるのでしょうか。

まず、がん細胞だけに特異的に結合する抗体というタンパク質とIR700という色素を一体化させた薬剤を患者に静脈注射します。当然、抗体+IR700は、体内でがん細胞に結合します。

IR700は700nmという、近赤外線の中でも最も波長の短い赤外線を照射されると化学反応で発熱する性質を持っています。(近赤外線は家電のリモコン等に使用される無害の赤外線です)
そこで患部に向けて近赤外線を照射すると、体内のIR700は発熱します。

がん細胞は、結合した抗体と一体となっているIR700の熱攻撃をモロに受けます。
がん細胞は熱に弱いという特性があります。
その結果、がん細胞は1~2分という極めて短時間で、次から次に破壊されてしまうのです。

副作用はないことを確認!

現在のところ、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されているということです。

従来の治療法である外科手術は身体への負担が大きく、化学療法や放射線は正常な細胞も傷つけ、副作用が大きいものでした。

しかし「光免疫療法」で使用する抗体は、がん以外の正常細胞には結合しません。
抗体が結合して、かつ近赤外線が照射されたがん細胞だけが死滅するという、高い選択性を持つ治療法です。これにより、従来の治療法のような副作用が起こらないのです。

8~9割のがん、転移がんにも有効!

皮膚がん、食道がん、膀胱がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、全身のがんの8~9割はこの治療法でカバーできるということです。
転移がんにも有効ですが、先ほどとは違ったがん細胞へのアプローチが、より効果が高いということです。

なぜがん細胞が増殖するかというと、本来がん細胞を攻撃すべき免疫細胞の働きが阻害されるから。阻害しているのは「制御性T細胞」という細胞です。
そこで、IR700+抗体を、免疫細胞の邪魔をしている「制御性T細胞」に結合させ、近赤外線を照射します。すると、「制御性T細胞」は破壊され、阻害するものがなくなった免疫細胞は数十分のうちに活性化、体中を駆け巡り、転移したがん細胞を破壊するのです。

がん治療費を劇的に低減!

いいことずくめの「光免疫療法」ですが、治療費はどれくらいかかるんでしょうか。

それが驚くほど低くなりそうです!

IR700と抗体を一体化した薬剤は、保険適用外であったとしても数万~十数万円と考えられています。近赤外線は、既存のレーザー光発生装置で照射出来ます。
また、患者さんも、1~2回の日帰りの外来治療で済みます。入院してもせいぜい1泊ということです。

この治療法が普及すれば医療費の削減につながり、社会保障費の増加に悩む国にとっても大きなメリットになると思われます。

アメリカでは、5~6年後の実用化を目指す。

アメリカでの治験は順調に進んでいて、5~6年後の実用化を目指すということです。

オバマ大統領は、当時進んでいたこの治療法の研究を、2012年の一般教書演説で「がん細胞だけを殺す新しい治療法が実現しそうだ」「アメリカの偉大な研究成果」として世界に誇りました。

でも、開発したのは日本人であるということは、私たちにとっても誇らしいことです。

日本での実用化は、もう少し後になると思いますが、一日も早く、多くのがん患者さんを救ってくれることを願います。

11月20日、闘病中の小林麻央さんが、ブログに「最新の治療法を調べていて、期待が膨らむようなものがありました」と記しておられました。
真央さんが目にされたものが何かはわかりませんが、確実に医学は進歩しているのです。