夏の風物詩、花火大会がいま消滅の危機にある。

今年は警備費の増加などで中止が相次ぎ、めざましテレビが調べただけでも全国22カ所で中止や延期になっていることがわかった。

そんな中、開催を決意したのが、毎年7月に大阪天満宮で行われる日本三大祭りの1つである「天神祭」の奉納花火だ。毎年130万人以上が訪れる人気の花火も赤字が膨らみ、警備費の問題は死活問題となっている。

大阪天満宮 寺井種治宮司:
費用が年々増加をしてですね。運営というのは、かなり厳しいところがあります

そこでめざましテレビの「ココ調」班は、花火大会の運営に携わる人に密着し、警備がどれほど大変なのかを調査した。

増加する警備費にクラウドファンディングも

王朝風俗の豪華な衣装をまとった約3000人の大行列が大阪市内を練り歩く「陸渡御(りくとぎょ)」や市内を流れる大川を約100隻の船が行き交う伝統神事「船渡御(ふなとぎょ)」を見るため、多くの見物客が訪れる中、花火があがる5時間前の午後2時30分から、会場周辺には早くも多くの警備員の姿があった。

一体どれくらいの人数がいるのか?

新大阪警備 尾崎建爾代表取締役社長:
全域で830名態勢を敷いています

2カ所で上がる花火の会場を中心に、駅周辺や天満宮周辺など、予想される観客の数に合わせて人数を配置。

そんな警備員たちにはある特徴があった。

藤井弘輝アナウンサー:
よく見ると、制服の違うさまざまな警備員がいますね。水色の警備服と、濃い色の警備服を着た人が見えます

その理由は?

新大阪警備 尾崎建爾代表取締役社長:
今日は(警備会社が)60社くらい(入っている)。どうしてもたくさんの会社さんに入ってもらわないと、その数(830人)になかなか達しない。

以前は1社で多くの警備員を稼働させていたが、人手不足の今は何社にもお願いしなければ数が揃わないのだという。

では、今回の警備830人にかかる費用はどれほどなのか?

大阪天満宮 寺井種治宮司
(警備)経費は約4000万円。全体の経費の4分の1が花火の警備、天神祭の警備にかかっているのが現状です。

天神祭では、10年前に比べて警備員の数も金額も倍以上に増加し、運営を圧迫。

大阪天満宮 寺井種治宮司:
(お金が)入ってくるところっていうのは、ご寄付とお賽銭ぐらいで限られていますのでね。なかなか現状は厳しいですね

現在、行政からの助成金はゼロ。天神祭の花火は、花火のレプリカを謝礼とした協賛金や寄付金などで主に運営している。

その寄付金も、地元の町内会長たちが1軒1軒、地道にお金を集めて回ってくれているのだという。

若松町 秋田智会長:
(家を)回っていくのはしんどいですけども。ずっと続けていなかないと、みんな楽しみにしていますからね

そこで、何とか収入を増やすべく考えたのが…

大阪天満宮 大橋弘邦権禰宜:
インターネットで資金を募るクラウドファンディングに挑戦しております

寄付をしてくれた人にはオリジナルの手ぬぐいなどを送り、300万円を集める目標だが、7月25日の花火大会当日の支援総額は157万3000円。

藤井弘輝アナウンサー:
およそ半分ということですけれども…

大阪天満宮 大橋弘邦権禰宜:
非常に苦戦しております

クラウドファンディングの仕組みから目標金額に達しなければ、資金は1円も得られないのだ。

藤井弘輝アナウンサー:
室内は涼しいんですけどね。外よりも汗が出てるっていう…

神職も冷や汗を流し苦戦していたが、7月30日午前5時には346万3000円に到達し、無事に目標金額を達成した。

(左)大阪天満宮 大橋弘邦権禰宜

さらに経費削減のため、警備員とともに大阪天満宮のスタッフたちも大きな声を出して警備を担当。

街のゴミを回収するボランティアを約500人募り、経費を減らす工夫もしている。

「腹で怒って顔でにこやかに」観客130万人の安全を守る警備員たち

では、実際に花火の警備はどのようにして行われているのか?

警備員の仕事は警備だけでなく、事前の準備から始まる。
大阪天満宮の周辺道路にロープなどを張り、看板や拡声器などの警備に関わる備品や資材も準備しているのだ。

ココ調取材班:
こういうのも警備会社の方が準備される?

新大阪警備 北口一志ブロックリーダー:
そうです。声だけよりもやっぱりインパクトがあるかなということで、こういうものをご用意させてもらっています

警備費4317万円の内訳を見ると、人件費が60%であるのに対して、この備品などにかかる資材費が約40%を占めている。

花火開始まで約3時間前となった午後4時30分、花火会場に近い駅周辺には多くの人が集まっていた。

普段の様子と比べても人の多さは一目瞭然。

さらに、花火が1番よく見える源八橋の上もすでに交通規制が行われ、人の波ができていた。

藤井弘輝アナウンサー:
まもなく橋を封鎖するということで、警備員だけでなく警察官も一緒にこの辺りをしっかりと警備しています。

そして、人の波が最高潮に達した午後7時30分、花火が打ち上げられた。

藤井弘輝アナウンサー:
思い出をカメラに収めようと、ほとんどの人が足を止めています。中には前に進もうとしている人もいますが、ここから前に進むのはかなり困難かと思います

花火がよく見える川沿いの道路は、あふれんばかりの人、人、人!

コレには都会ならではのワケが…

実は川の周辺にマンションやビルが増えたため、 限られた場所からしか花火が見えなくなり、同じ場所に人が集中。これが、警備員を増やして警備を強化しなければならない理由の1つだ。

そして、花火が後半に差し掛かった午後8時30分頃、警備員の忙しさはマックスに!

警備員A:
すいません!一歩通行になっていますんで逆走しないようにしてください!お兄さんたち~!逆走だよ~!聞こえる~!?

ココ調取材班:
ルール守らない方がいる?

警備員B:
多いね。あんまりそれに腹立ててもアカンから、腹で怒って顔でにこやかに…

多岐にわたる警備員の仕事。そのおかげで、大きな事故もなく無事に祭りと花火が終わった。

今年の天神祭の収支は、収入が1億5039万円。クラウドファンディングで集まった346万3000円(7月30日午前5時時点)を合わせても、支出の1億6269億円には届かず、883万7000円の赤字となった。

来年は東京五輪の開会式と日程が重なるため、さらなる警備員不足が予想される。

(「めざましテレビ」『ココ調』7月30日放送分より)

(「めざましテレビ」特設サイトでは、「今日のココ調」など人気コーナーのコンテンツが無料で楽しめます!特設サイトはこちら