犯行直後の防犯カメラ映像入手

栃木・那須町の別荘地で遺体で発見された東京・豊島区の会社員・富塚沙織(35)さん。友人からは「いつも明るくて元気な女性」と親しまれていた。

一方、死体遺棄の疑いで12月7日送検された保育士・佐藤喜人容疑者(29)について、FNNは佐藤容疑者をとらえた「犯行直後の防犯カメラの映像」を独自に入手した。

「犯行後も平然」と歩く姿

夜中の住宅街を特に慌てる様子もなく平然と歩いていく、画面奥から現れる一人の男。

この記事の画像(10枚)

写っているのは、富塚沙織さんの遺体を栃木県内に遺棄した疑いで逮捕された佐藤喜人容疑者だ。

防犯カメラ映像は、富塚さんを襲った後、自分の車を停めた駐車場に向かっているとみられる場面。

この後、車で富塚さんの自宅に戻り、遺体を車に乗せたとみられている。

そして約45分後。今度は画面手前から佐藤容疑者が現れる。自分の駐車場に車を停めた後、再び富塚さんの自宅に戻る様子をとらえたものだ。

この時も慌てている様子は全く見られない。この後佐藤容疑者は、富塚さんのキャリーケースを持ち出していた。

そしてこの翌日、佐藤容疑者は車で遺体を栃木・那須町の親族の別荘まで運び、山林に埋めたとみられている。

佐藤容疑者の自宅は、富塚さんの自宅からわずか約600メートル。

警視庁は「2人に面識はなかった」とみている。

「ごくごく普通の青年」

佐藤容疑者は、2019年7月から豊島区内にある保育園に勤務していた。

佐藤容疑者勤務の保育園園長:
本当にごくごく普通の青年です。普通に(先週)金曜も出勤しておりました。

--遅刻とかは?

保育園園長:

一切ないです。

--クレームは

保育園園長:

ないです。

保育園の保護者:
(会話したことは)まあまあ、ありました。普通、普通に。変な人って感じではない。

別の女性にわいせつ行為の疑い

誰もが口を揃えて「普通」と語る、佐藤容疑者の印象。

しかし、佐藤容疑者が豊島区内で別の女性に対し、つきまとい行為わいせつな行為に及んだ疑いがあることが、12月7日新たに分かった。

佐藤容疑者は、富塚さんの自宅に「金目のものを取るために侵入した」と供述しているが、警視庁は動機について、慎重に裏付けを進めている。

(「イット!」12月7日放送分より)