読売新聞などの販売店で配達員をしていた男が自宅に大麻を所持していたとして現行犯逮捕された。
男は暴力団組員から覚醒剤を購入していた疑いもあり警視庁が調べを進めている。

新聞配達員の伊原雅人容疑者(41)はきのう、千葉県流山市内の自宅で乾燥大麻およそ3グラムを持っていたとして現行犯逮捕された。
伊原容疑者はすでに起訴されている指定暴力団住吉会系組員の男から今年9月に覚醒剤も購入していたものとみられている。

警視庁の調べに対し伊原容疑者は大麻について「自分のものに間違いありません」と容疑を認めているという。

社会部
社会部

フジテレビ報道局社会部

記事 754