母親は17年前に死亡…年金を不正受給

17年前に死亡した母親の年金、約1800万円をだまし取った疑いで息子が逮捕された。
逮捕されたのは、東京・江東区の飲食店アルバイト 小川紳一容疑者(54)。

この記事の画像(9枚)

年金事務所に母親が生きているように装う、うその届を提出し、2015年2月ごろからの3年近くにわたり、約280万円をだまし取った疑いが持たれている。

小川容疑者は母親が死亡してからの約17年間、江東区の団地で一人暮らをしていたという。

近所に住む人:
十何年経つもんね。(母親が)家で死んでから15年ですよね。

父親の死後、小川容疑者は母親と2人で暮らしていたが、2003年に母親も死亡。
にもかかわらず、その後も母親の年金を受け取り続け、その額は17年間で約1800万円に上るとみられている。

発覚のきっかけはマイナンバー

不正が発覚したきっかけは、2015年に導入されたマイナンバー。

年金事務所が受給に関する資料を見直す中で、すでに死亡している母親に年金が振り込まれ続けていたことが判明したという。
実は小川容疑者、区役所には母親の死亡届を提出していた。

では、なぜその情報が年金データに反映されなかったのか。
日本年金機構に取材したところ、「個人情報なので答えられない」と回答した。

「生活費に充てていた」

近所に住む人:
(小川容疑者は)人に会っても挨拶はするし、ちゃんとしゃべるし、「小川くん、良い子だよね」ってみんな言っていた

中学を卒業してからは職を転々とし、現在は中華料理店のアルバイトで月6万円ほどの収入を得ていたという小川容疑者。

不正受給していた年金については、「生活費に充てていた」と供述し容疑を認めている。

(「イット!」12月2日放送)