グラミー受賞歴もあるアメリカの女性シンガーソングライター、アリシア・キーズが先日、こんなツイートをしました。

「私たちの強さは私たちの違いの中にこそある。私たちのパワーは私たちの多様性の中にこそある。私たちはとても美しい。私たち全てが。」

そしてこのツイートに添付されていたのがこちらの写真。

既に削除されたツイート
この記事の画像(4枚)

「あれ?なんかヘン・・・??」です。全身黒い衣装で頭髪も顔半分も黒い布で覆われてはいますが、胸を突き出し、脚は露わ。おまけになぜかトゥーシューズ。

アリシアのツイート内容から推量するに、彼女はこの姿を「キレイ!」「ステキ!」と思ったのでしょう。

これに怒ったのが、イスラム教徒女性や活動家たち。

「恥を知れ!」とか・・・

https://twitter.com/DeplorablePower/status/848806162447253504

「彼女のニカーブ(注:顔を覆う黒い布)推奨ツイートは、バカげている上に、イスラム教徒女性を攻撃している」とか・・・

https://twitter.com/ShireenQudosi/status/847894815882608640

アリシアとしては、「あれ??私イイこと言ったはずなのに、なんで?!」とびっくりした・・・のではないかと一応想像してみたのですが、これはやはり無知すぎると言われても仕方ありません。

まず第一に、この黒づくめの服装。サウジアラビアやイエメン、イスラム国やアルカイダなどの支配領域などで女性に着用が義務付けられているものです。

法的に義務付けられているわけではなく、社会的に、あるいは親や夫に強制されている人もいます。

もちろん、自らすすんでこうした服装をしているイスラム教徒女性もいます。

ただ間違いなく言えるのは、「こうした服装をしている女性全員が、必ずしも自ら誇りをもってそれを選択しているわけではない」、ということです。

この服装を強制されている女性が彼女のツイートを目にしたら、どう思うでしょう?

また第二に、全身を黒い布で覆う目的は、体のラインを隠し女性の美しさの一切を外に見せないようにすることです。ですから、この写真のように、胸を突き出し、脚を露わにして外出したら、たちどころに宗教警察に捕まって、むち打ちの刑に処されます。

アリシアが添付した写真は、Ali Al Sharjiというオマーン出身のフォトグラファーの作品で、彼は自分の表現をするために、アートとして、モデルを使ってこの写真を撮ったと述べています。

彼の他の作品をみれば、決して安易な動機でこの写真をとったわけではないだろうことはわかります。

しかしアリシアのツイートは、「ステキ!」どころか、安易で多くの人を傷つけるものだと言わざるをえません。そしてその理由はおそらく、彼女の「無知」にあります。

現代のディーバともいわれるアリシア。シンガーソングライターとしての才能はいうまでもなく、コロンビア大学に飛び級で入学するほど賢く、自信満々でどこでもすっぴんをさらすほど美人なのに・・・。

残念。


(執筆:Iiyama Akari)