会社の銀行口座から金を引き落とし…

警察署から姿を現したマスク姿の男。1億5000万円以上を横領した疑いで再逮捕された山下直人容疑者(40)だ。

この記事の画像(8枚)

山下容疑者が働いていたのは、山梨県甲斐市に本社がある「株式会社 光・彩」というジュエリーの製造や販売を行う貴金属会社。

山下容疑者はこの会社の元経理責任者で、2015年から約2年にわたり会社の銀行口座から計176回にわたり約1億5000万円を引き落とし横領した疑いが持たれている。

被害額は3億9008万899円 何に使った?

そもそも山下容疑者の横領が発覚したのは、2017年に行われた社内調査だった。

その後、会社側が報告書を公表。確認された被害額は3億9008万899円にも上った。

山下容疑者は振込先が印字されない当座預金を悪用し、自分の銀行口座へ会社の金を振り込むなどして着服していたとみられている。

報告書によると、山下容疑者が最も多く充てたのが不動産の購入。関東近郊にマンションアパートなどを購入したとみられ、その額は合わせて2億7000万円近くになる。

また、1700万円をかけて高級外車など4台バイク2台を購入。2200万円時計29点に、さらには親の仕送り170万円にまで横領した金を充てたとみられている。

「明るくて人懐っこい人」近隣住民に取材

山下容疑者は千葉県八千代市にある住宅に数年前から住んでおり、近所の人によると「真面目でおとなしそうな印象だった」という。

山下容疑者の自宅があるのは古くからある住宅街の一角。一軒家ではあるが豪邸というほどではない。駐車場も車2台分ほどのスペースしかなさそうだ。

――最近いい生活をしていた?

付近の住民:

そんなことはなかったね。派手なあれじゃなくて普通の若者ですよ。明るくてね、とっても人懐っこい人だよ

山下容疑者は横領が発覚した2017年に懲戒解雇され、会社側に2億円以上を返却しているという。警察は経緯を調べるとともに、余罪についても立件に向けて捜査を進めている。

(「イット!」11月26日放送分より)