ふくろ状の臓器だからこそ、初期症状が出ない

胆のうという臓器について、日常で意識することはほとんどないと思います。
胆のうは肝臓の下にあり、胆汁という消化液をいったんためておく袋のような臓器です。「のう」とは袋という意味です。

食事をすると、胆のうはその情報を受けて、ためておいた胆汁を排出します。十二指腸で胆汁とすい液が一緒になることで、脂肪やタンパク質を分解して腸から吸収しやすくします。

胆のうはふくろ状の臓器なので、その中でポリープが大きくなっても直ちに症状が出ることはありません。そのため、胆のうがんは早期段階では自覚症状が表れないことが多いのです。

症状は、がんが進行してから表れる

胆のうは壁が薄く、容易に隣接する臓器に浸潤してしまいます。リンパ節転移、肝転移も起こします。そこまで進行してくると、様々な症状が出現します。

●腹痛 最も多い臨床症状としては、右上腹部痛で80~90%程度の方が訴えます。

●悪心嘔吐 悪心・嘔吐の症状も多くの方に現れます。

●黄疸
がんが大きくなることによって胆道が狭められ、行き場のなくなった胆汁が血液中に流れ出すようになります。皮膚や白目の部分が黄色くなりますが、意外に自分では感じにくく、多くは以下の症状で異常に気付きます。
白色便
◆黄疸尿
◆かゆみ

胆のうがんはアジアの女性に多い

胆のうがんは、好発年齢は60~70歳台で、男女比は1:2と女性に多く見られます。地域的には、日本を含むアジアと南米のチリで発症する人が多いという統計上のデータがあります。食生活や人種によるものではないかと考えられていますが、この点についてはまだ明らかになっていません。

手術は「なれている」病院で

胆のうがんの治療は手術が第一選択です。

ただし、がんの形態や進行の度合いはさまざまなので、実際に手術で切除できる割合は60〜70%です。

胆のうがんの手術は、がんの深さ・広がり・転移の有無など考慮して、切除する範囲や手術方法を決定します。安全性と根治性を熟慮して、どこまで切除するか、どういった手法で行うか、外科医とそのチームの力量が問われる点です。

そこで重要なポイントがあります。

それは、胆のうがん手術は、実績の多い病院で受けること。症例数の多い施設の方が治療成績が良い傾向があります。胆道がん(胆のうがん・胆管がん・十二指腸乳頭部がん)の手術を、毎年20例~30例以上実施している病院で手術を受けたほうが良いでしょう。

進行した場合、手術は大規模に

手術出来ない場合は、化学療法を行います。

ただ、胆のうがんは非常に化学療法(抗がん剤治療)が効きにくいがんで、治療を行ったとしても腫瘍縮小効果や長期の延命効果が得られることはそれほど多くありません。

さらに、胆のうがんに対する放射線療法は、有効性は確立されていないといわれています。5年生存率も、手術が出来ないステージ4Bになると、かなり厳しい数字になっています。

日本で早期発見が多い理由

相当に手強い胆のうがんですが、実は、日本では早期のうちに発見できるケースがかなり多いのです。

大きな理由として、人間ドックや定期健康診断などで超音波検査(エコー)が普及していることが挙げられます。検査可能な施設が多数存在すること、定期的な検査で症状がないうちに発見できるという点で、非常に有効な検査です。

5~6人に1人、ポリープが見つかる

超音波検査を受けた5~6人にひとりの割合で、胆のうポリープが見つかっています。

胆のうポリープは、大きく腫瘍性と非腫瘍性に分かれます。非腫瘍性の代表は、胆のうポリープの90%を占める「コレステロールポリープ」です。これは胆汁中のコレステロール成分が沈着して、胆のうの粘膜に付着したものです。大きさは5mm以下のものが大半で、多発することもよくありますが、大きな心配をする必要はありません。

一方、腫瘍性は腺腫、がんに分かれます。腺腫は大きくなると、一部からがんが発生してきます。

胆のうポリープが見つかったら

超音波検査などの画像診断だけではポリープが良性なのか、悪性なのかを正確に見極めることは出来ません。そこで、ポリープが見つかった場合には、指針に基づいて注意深く経過をみていく必要があります。

再検査の場合は同じ施設で

超音波検査は日常的な検診のなかでも受ける機会の多い検査ですので、ぜひ積極的に検査を受けて下さい。

しかし残念なことに、再検査や定期的な経過観察が必要とされた方たちの中に、再検査を受けずにそれっきりになってしまう方がかなり多いという現実があります。

要再検査の結果が出た場合は、先延ばししないこと。また、再検査は同じ医療機関を受診しして、前回と比較するということも非常に重要です。