プレスリリース配信元:中部国際空港株式会社

中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:犬塚力)は、中部国際空港セントレア(以下、「セントレア」)の、2020年10月の空港運用実績を発表しました。


10月空港運用実績を発表した中部国際空港

▼セントレア公式HP
<https://www.centrair.jp/corporate/operation/result.html>


航空旅客数




【国際線】
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による需要の落ち込みにより、一時期は全便運休していましたが、6月中旬からのフィリピン航空マニラ便運航再開をきっかけとし、徐々に各社運航再開が続きました。10月4社・3都市(マニラ・台北・ソウル)の運航があり、国際線の航空旅客数は前月9月と比べ、188%となる1,700人(対前年比0.3%)となりました。

【国内線】
国内線についても緊急事態宣言が発令されていた5月は、対前年比6%である31,841人まで落ち込みましたが、国GoToトラベルの定着・更に10月1日からGoToトラベルの対象都道府県に東京都が追加されたことから、旅客数は前月9月と比べ143%となる268,560人(対前年比45%)となりました。


構内営業売上高





10月の構内営業売上高は、前月9月と比べ137%となる346百万円(対前年比10%)となりました。特に、国際線の運航増加に伴い、免税店の売上高が微増となり、9月と比べ166%となる5百万円(対前年比0.2%)となりました。


<参考 10月運用実績>


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ