オンライン方式で開かれていたG20サミット(20カ国・地域首脳会議)は、23日未明、新型コロナウイルス感染拡大の中、「経済成長の回復にあらゆる努力を惜しまない」とする首脳宣言を採択し、閉幕した。

首脳宣言は、新型コロナウイルスは「前例のない打撃」で、「世界経済は大きな下方リスクにさらされている」と指摘した。

そして、すべての人々にワクチンや治療を安価で公平に確保できるよう、「いかなる努力も惜しまない」とした。

また、「新型コロナウイルスに打ち勝つ世界の結束の証しとして、東京オリンピック・パラリンピックを主催するとの日本の決意を称賛する」と明記された。

菅首相「温暖化への対応は、経済成長を妨げるものでなく、大きな成長につながるという発想の転換が必要だ」

菅首相は、オンライン会議やビデオ演説で、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする決意を強調した。