21日、浜松市で車同士が衝突し、83歳の男性が死亡しました。交通事故による死者はこれで100人となり、川勝知事は「車両と人、互いを思いやり行動してもらいたい」と注意メッセージを発信しています。

21日午後、浜松市北区新都田の市道で、軽自動車と乗用車が正面衝突し、83歳の男性が死亡、53歳の女性が重傷を負いました。

今年、交通事故による死者はこれで100人となり、2019年に比べ38日早くなっています。

死者のうち6割が高齢者で、特に「斜め横断」による事故が増えていることから、県警は22日から10日間、取り締まりを強化することを決めました。

2020年は、新型コロナの影響で高齢者施設などで交通安全教室が開けず、県警は県民の安全意識の低下を課題にあげていて、早めのライトオン、反射材の活用を呼びかけています。