兵庫県は22日、新たに139人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。

兵庫県で新たに感染が分かったのは139人で、過去2番目の多さです。

このうち1人は尼崎市立立花体育館の職員で、濃厚接触者などの検査が終わるまで臨時休館するということです。

また、宝塚リハビリテーション病院では職員2人の感染が分かり、クラスターは22人に拡大しました。

このほか大阪府で490人(過去最多)京都府で24人、奈良県で12人、滋賀県で5人、和歌山県で5人、徳島県で1人の感染が確認されています。

感染拡大を受け、政府は21日、GoToキャンペーンの運用見直しを決めました。

それについて、21日に415人の感染が確認された大阪府の吉村知事は。

【大阪府 吉村洋文知事】

「今はブレーキを強めなければいけない時期だと認識しています。感染拡大エリアに対してGoToトラベルは一時中断するというのは、まさに大阪に当てはまると思いますから、その方向で今の拡大期においては進めていきたい」

一方、大阪市内の飲食店は。

【居酒屋ろくだん 女将・久保久美子さん】

「GoToがあるから来てくださっている部分も正直ありますよね。これから頑張ろうと思っていた時に第3波で。正直厳しい状況ですね」

GoToトラベルの見直しについては、観光庁が制度設計を検討していて、数日中に方向性を示したいとしています。