東京都内では、各地で、大規模な地震を想定した訓練が行われた。

警視庁は、環状7号線などで実際に交通規制を行い、一般車両を都心方面に進入できないようにして、緊急車両を優先走行させる訓練を行った。

一方、北区の会場では、救助隊員が入れない場所の被災状況を、ドローンを使って確認する様子が披露された。