先月行われた知事選の敗北から組織を立て直すため、自民党県連の新体制が22日スタートしました。

自民党県連は22日、支部長・幹事長・事務局長会議を開き、知事選の総括と新役員人事を報告し承認されました。

会長となった、野上浩太郎農水大臣は、「大臣を務めながら重責を果たすことができるか深く考えたが、県連の立て直しに向け全力を尽くしていく」と、決意を述べました。

一方、党員から新田知事との向き合い方について質問が及ぶと、「基本姿勢は、県民の選択をしっかりと受け止め県民のために行動していくこと」と述べるにとどめました。

また、幹事長には宮本光明県議が就き、「立ち止まっている暇はなく、組織を前に進めていく覚悟だ」と話していました。