新型コロナウイルスの感染急拡大の中、「我慢の3連休」が始まった。

多くの人が、感染拡大への不安を口にしているが、各地の行楽地には、大勢の人が訪れた。

手荷物検査を待つ旅行客で長蛇の列ができた、21日午前の東京・羽田空港。

宮崎に行く人「年なので、とても不安。予約していたので、キャンセルできなくて」

感染が急拡大する中、不安の気持ちを持ちつつも、予定どおり出かけた人も少なくなかったもよう。

京都の観光名所、嵐山。

秋の紅葉シーズンを迎え、たくさんの観光客が。

訪れた人「普段は自粛自粛と、できるだけいろいろなこと抑えてきたけど、たまにはいいかなと。お昼も家で済まして、観光だけで帰ろうと」

21日は、鳥取砂丘にも、たくさんの観光客の姿が見られた。

兵庫から来た人「(子どもが)ずっと楽しみにしていて、(キャンセルしたら)かわいそうと思って。距離を取って、パッと行って、パッと帰る」

福岡県の太宰府天満宮の参道は、大勢の観光客などでにぎわっていた。

大阪から来た人「大阪とかの方が(感染者数が)多いので、お参りするのは申し訳なく思ったんですが、お参りしたいと思って」

焼きたての太宰府名物・梅ケ枝餅の店には、行列ができていた。

店の人「少しずつお客さんが戻ってきた。心配もありながら、感染症対策を徹底して営業するしかない」

この3連休、徳島市で行われるのが、阿波おどり。

夏の風物詩となっている阿波おどりだが、2020年は、新型コロナの影響で中止に。

そこで、2021年の開催に向けた検証を兼ねて、規模を縮小し行うことになった。

「ことしは開催できなかったので、開催できただけで満足」、「踊り始めたら、いつも通り楽しく踊れた」などといった声が聞かれた。

踊る人たちは、マウスシールドなどをつけ、これまでより間隔を開けて踊る。

また、観客席も大幅に減らし、「密」にならないような対策をした。

東京・代々木公園では、21日からスペインフェスティバルが始まった。

スペインの踊りや料理が楽しめる、このイベント。

例年は、2日間でおよそ10万人の来場者があるというが、2020年は入場料を取り、1日1万人程度に制限した。

来場者は、「(新型コロナは)気にはなったが、感染症予防みたいなものもホームページにあったので、来ようかなと思い、来た」、「屋外なので、安心して来た。人との距離も取れるような雰囲気だと思うのでいいかと思う」などと話した。

各地で好天に恵まれた3連休初日。

感染を広げない行動が求められている。