「新型コロナに」効能うたい無承認「うがい液」を販売

新型コロナウイルスの殺菌消毒に有効などとうたい「うがい液」を無許可で販売するなどした疑いで歯科医の男らが逮捕された。

この歯科医は“スーパードクター”としてメディアに度々紹介されていた男だった。

この記事の画像(9枚)

11月20日午前9時ごろ、グレーのトレーナー姿で警察車両に乗り込む男。医薬品医療機器法違反の疑いで送検された歯科医師天野聖志容疑者(58)だ。

天野容疑者ら4人は「新型コロナウイルスの殺菌消毒に有効な可能性が高い」などと効果をうたい無許可で「うがい液」など67点を約15万円で販売した疑いがもたれている。

TVで“スーパードクター”と紹介された有名歯科医

天野容疑者は中央省庁が建ち並ぶ東京・千代田区霞が関で歯科医院の院長をしていたこともあり、メディアにも度々出演していた。

2011年にフジテレビの情報番組の取材を受けた際には…

天野聖志容疑者
口腔ケアを中心にして、それプラス、インフルエンザの予防というのを目的に(患者さんが)いらっしゃるんですけれども…

クリニックでは虫歯の治療だけでなく、インフルエンザの予防にも積極的に取り組んでいると説明。さらに別の番組では虫歯を削らずに治す歯科医師界の“スーパードクター”として紹介されたこともあった。

そんな有名歯科医と共に会社役員・名川美和子容疑者(46)や桂聡容疑者(52)、望月慎一容疑者(56)の合わせて4人が逮捕された今回の事件。

4人はインターネットサイトで「うがい液」を1本1990円~2750円で販売していたとみられている。

医薬品として承認されていないにも関わらず新型コロナの殺菌消毒に有効などと効果をうたったことが違法と判断された。

「うがい液」を購入し使用した人の感想は…

いまのところ健康被害などの報告はないというが、購入した客は「うがい液」についてこう話しているという。

購入した客
コロナの対策になるだろうと子供のために買った。プールの水を飲んでしまったかのような味がした

調べに対し天野容疑者は「医薬品を販売していたとは思っていない」と話し、容疑を一部否認している。

警視庁は天野容疑者らが今年1月から7月までに約2万点を販売し、約4400万円を売り上げていたとみて調べを進めている。

(イット! 11月20日放送より)