蓮舫氏「通常の概念を大幅に超えた」

「キャッチコピーは『あなたのための政治』です。『国民のために』とひとくくりにするのではなくて、性別や年齢を超えた多様性のあるお一人お一人に届く、あなたのための政治、それが立憲民主党です」

この記事の画像(7枚)

立憲民主党で広報を担当する蓮舫代表代行は11月10日、党の新たなポスターの発表にあたりにこのように語った。その新ポスターのデザインについては賛否様々な声が交錯し、特に文字数の多さについては、党の重視するメッセージが込められている反面、不安の声も漏れている。

新ポスターは異例の文字320字

今回発表された新ポスターは2枚1組だ。片方には枝野代表の写真と共に「あなたのための政治」という枝野氏が臨時国会の代表質問でも連呼したキャッチコピーが添えられている。

そして賛否を呼んでいるのがもう半分の方で、文字がぎっしり320字も書き込まれている。通常、政党のポスターと言えば、文字は短いキャッチフレーズだけにとどめたシンプルなデザインが多いが、今回、立憲民主党はあえて多くの文字を書き込んだ。

そこには、新党となった立憲民主党が「何をする政党か」を国民1人1人にメッセージとして伝える狙いがあるということで、蓮舫氏は次のように語っている。

「通常のポスターの概念を大幅に超えまして、通常は1枚、代表とコピーと党名があるものだけなんですけども、私達から国民のすべての皆様がた、お一人お一人に届く思いというのをメッセージという形で、もう1枚重なる形で作らせていただきました」

このように「国民全ての皆様ひとりひとり」に届くことを意識したのだというが、そこには自民党への対抗意識がにじんでいる。

読める?伝わっている?

実は、自民党は先月、菅新首相の顔と共に「国民のために働く。」というキャッチフレーズをあしらった新ポスターを発表している。背景の色は、国民のために働き続ける情熱とぬくもりを表したという深い赤だ。

これに対し、立憲民主党のポスターは背景の色に対照的な青を使っている。米大統領選の民主党バイデン陣営と同じ系統の色だ。

さらにポスターの320文字の部分では、「あなたのための政治」として「命が脅かされることなく、誰もが安心して暮らせるための政治」を掲げた上で、まず「自助や共助ではどうにもならない人」「コロナ禍で店を閉めた人」といった苦境にある人々を対象に「救う政治」を行うと訴えている。

そして「都市部だけでなく地域に暮らすすべての人」「おざなりにされてきた若者」といった層のための政治を行うとアピール。続けて「性別や個性から生まれている不平等をなくす」「愛し合うパートナーと誰もが自由に結婚できるための政治」といった表現で、女性活躍の推進やLGBTの権利擁護に取り組む姿勢を打ち出している。

つまり蓮舫氏が語る通り、自民党のキャッチフレーズのように国民をひとくくりにするのではなく、苦しむ人に寄り添いつつ、性別・年齢・居住地・個性を超えた多様性ある人々に届く政治をアピールすることで、菅政権に対抗する狙いが見て取れる。

ただし、このデザインについては、車での移動が多い選挙区の議員から「こんなに文字が多くて読んでもらえるか不安」などとメッセージが伝わるかを心配する声も出ている。また、SNS上でも「あなたのための政治のあなたとは誰なのか」という声があるように、ポスターの訴えがピンときていない人も少なくないようだ。

衆議院選挙は1年以内に迫り、菅首相がいつ解散を打つのか、永田町には微妙な緊張感が漂っている。そうした中で立憲民主党が本当にポスターにうたったような、「国民のひとりひとりのための政治」を実行できるのか、そのための信頼を国民から得られるのか、真価が問われる日々が続きそうだ。

(フジテレビ政治部 大築紅葉)