近くには自転車も…カメラが捉えた当て逃げの瞬間

道路を走る1台の車。すると次の瞬間…横から出てきた黒い車に衝突された。しかし、黒い車は止まることなく走り去っていった。

この記事の画像(14枚)

これは11月2日午後8時15分ごろ、横浜市で撮影されたドライブレコーダーの映像だ。

もう一度映像を見てみると、左手には自転車が走っている。

そして、道路の脇から黒い乗用車がスピードを緩めることなく入ってきて、車にぶつかった。

これは、ぶつけられた車から後ろ方向を撮影した映像。黒い車は衝撃で少し揺らいだが、何事もなかったように勢いよく走り去り、逃走した。

走っていた先にある信号は赤。信号を無視しての逃走だった。

当て逃げの現場は横浜市港北区。近くには、JR新横浜駅や日産スタジアムがある交差点だ。現場には「止まれ」の標識があるにもかかわらず、車は停止せずに被害のあった車と接触した。

被害男性が語る当時の状況 愛犬の様子は?

被害に遭ったのは、横浜市に住む30代男性。取材に対しに当時の様子をこう振り返った。

被害に遭った男性:
犬の散歩をしに、近くの雨が降り込まないようなスタジアムがあるところに車で向かっていたんですけれども。突然の出来事だったのでちょっと何が起こったのか、パニックになってよく分からないような状況だった。

これは、事故直後に撮影された被害者の車の写真。ドアがへこんでいて複数の傷も確認できる。被害に遭った男性は腰などに痛みがあり、全治2週間の軽いけがをした。

実際の被害車両

助手席側の窓をよく見てみると、悲しそうな表情で見つめる犬の姿も。

男性が飼っているボストンテリアのバムくん(7)だ。被害に遭った男性にバムくんの様子を聞くと…

被害に遭った男性:
普段はすごくおとなしく、運転中は助手席に座っているんですけども、事故の直後はかなり驚いた様子で体も震えたりして、私の膝の上に飛び乗ってきた。

バム君にけがはないということだが、時間が経って症状に変化が出ないか心配だという。

警察はひき逃げ事件として捜査へ

警察は9日に現場で実況見分を実施。今後、ひき逃げ事件として捜査する方針だ。

被害に遭った男性:
できればあんな運転をするなら、もう本当に他の人にも迷惑なので運転してほしくない。

(「イット!」11月12日放送より)