家具から調理器具、ゲームまで格安で販売する店が出雲市にあすオープンする。

その名も「半額倉庫」。販売されている商品のすべてが半額で購入できるという

夢のような店。しかしなぜ半額で販売できるのか?そこには意外な理由があった。

(岡部リポーター)

「家電やおもちゃ、さらには家具まで。実はこれらの商品全て、表示されている価格から半額で購入することができるんです。」

新品だが一度開封されていたり、箱が汚れていたり、いわゆる新古品、訳アリ商品が店内に約3000点が並ぶ。

貼られている価格はネット販売での新品、最安の価格帯。それがさらに、レジで半額に。「半額倉庫」名前の由来だ。

半額倉庫は今年9月、兵庫県に1号店をオープン。開店当日は5時間前から列ができるほどの大盛況。

今回その2号店を出雲市に出店することになった。なぜ出雲に?

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「実は私が島根県出雲市出身なんですよ。故郷である出雲市を盛り上げたいという思いから出雲市に出店した。」

社長の磯遊さん、本社を大阪に構えるが、出雲市出身。

「地元に店舗を出したい」という思いから実家の倉庫を改装して2号店を出した。

オープンを前に出雲店イチオシのベスト3を紹介。

まずは第3位。

テンピュールの枕。定価では安くても1万円ほどするが約5000円に。

そして第2位は。

調理器具のトップメーカー「ティファール」のセット商品。

ネットでは1万円以上するセットが約5000円ほどに。

そして気になる1位の前に。

なぜここまで安く販売することができるのか、その秘密は。

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「大手のECサイトから返品になったものとか、不良在庫として売れ残った新品などが当店に行きつく。」

2階には在庫が1万点。実はこれらの商品は。

1.ネット通販で返品されたもの。

2.店舗での過剰在庫。

3.店頭で展示品。

といった基本的に商品に問題はないものの訳アリの商品。

磯遊さんはもともと大阪でHPの製作などを手掛ける中、大手ECサイトの仲卸業者から在庫処分で困っているという話を受け、1万点を3000万円で買い取ったのがスタート。

一度に大量に買い取ることで格安で販売できる。※中古品もあり

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「訳アリ商品は店舗でも破棄する傾向が多くて、捨ててしまうならまだ使われたいという方も沢山いるので、そういった商品をより安く提供できるようにという思いからこういうお店を出した。」

そして 気になる第1位は。

ニンテンドースイッチ。

コロナ禍では全国各地のショップで在庫切れが相次ぐほど大人気のゲーム機。

定価約3万円の商品を1万5000円ほどで販売する。

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「こちらに関しては希望者が多いと思うので抽選販売する。」

あすの開店と同時に購入希望者には抽選を行うという。

(岡部リポーター)

「ゲーム商品も色々あるんですね。例えばこのWiiUはいくらになるんでか?」

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「こちらは2000円からの半額の1000円」

(岡部リポーター)

「なんでそんなに安いんですか?」

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「ここに未検品と書いてあるが、当社でまだ起動して確認していないものになるので、万が一何かあっても保証できないことから1000円で販売している。」

さらに、こんなコーナーも。

(岡部リポーター)

「こちらの商品0円って書かれてますが、無料なんですか?」

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「無料で差し上げている。」

(岡部リポーター)

「なんで無料なんですか?」

(ISOYU 磯遊晋介社長)

「不具合があったりとかパーツがなかったりとかそういう商品。本来なら捨ててしまわなければならないようなものも子供とかだったら遊んでもらえる人もいると思うので。」

半額倉庫はあす、あさって10時~18時まで営業。

その後は客足などを見ながら不定期で開催する予定。