留置場で発見された遺体…「右足にアザ」

岩手医科大学(法医学)・出羽厚二教授:※2019年5月
私のような立場で刑事告発するのもおかしいと言えばおかしいので、躊躇するところでした。

法医学者の出羽厚二教授。
この日、自ら刑事告発した事件について、検察官に説明を求めに行った。

その事件とは…

岩手医科大学(法医学)・出羽厚二教授:
これはひどい事例だなと。今の日本でこういうことあるのかと最初は疑問に思った。取り調べていた警察官が足を蹴り上げたんじゃないか。

この記事の画像(13枚)

2010年、手術ミスで患者を死亡させた業務上過失致死の疑いで逮捕された塚本泰彦医師(当時54歳)。

逮捕から19日後、警察署の留置場で遺体となって発見された。
遺体と面会した遺族は、右足のアザに衝撃を受けたと話している。

塚本医師の遺族:
本人亡くなっているよりも、右足見てびっくりしたんですよ。なぜ皮膚がこんなに変色しているんだろうと。

直後に発表された死因は「急性心筋梗塞」。
遺族は、真相を確かめようと奈良地裁に裁判を起こした。

裁判で、警察は「留置場で座るときに右足を折り曲げて、ドーンという音を立てて座っていた」と説明。

塚本医師の遺族:
本人があぐらかく習慣もないし。普段からあぐらかいているのだったら、留置前からできているはず。

遺族は、死因究明が専門である出羽教授に鑑定を依頼した。

なぜ皮下出血ができたのか…取調室で何が?

2007年、大相撲の時津風部屋で起きた力士暴行死事件。

当初、病死とされていましたが、遺族の依頼で解剖を行い、暴行死であると見抜いたのが出羽教授だった。

岩手医科大学(法医学)・出羽厚二教授:
しっかりとした死因究明できていないのに内因性(病気)の死因をつけてしまう社会から早く脱却すべきだと思います。一番明らかにすべきことは、塚本さんの足にある皮下出血がなぜできたか。足で蹴るなどの打撲を受けたというのが一番考えやすいと思います。

2016年11月、出羽教授は、初めての刑事告発に踏み切った。(特別公務員暴行陵虐致死傷罪)。

しかし、翌年、奈良県警は「暴行はなかった」として書類送検。

民事裁判では、暴行があったかどうか判断されることなく、遺族の請求は退けられた(確定)。

そして、2019年4月、奈良地検は、取り調べを担当した警察官2人を不起訴処分とし、捜査は終了した(特別公務員暴行陵虐致死は嫌疑なし、致傷は嫌疑不十分)。

密室の取調室で何があったのか。結局、明らかにされることはなかった。

進む「取り調べの可視化」

はたして、取調べ中に警察官が暴行することはありうるのか。長年、密室での取調べの問題に取り組む弁護士は…

小坂井久弁護士:
21世紀になっても、しばらくは大阪では(取調べ中の暴行は)よくあった。

(警察官)==取調べ中の音声==
『おい黙るな。なんか言え。殴るぞ!なめとったらあかんぞ、お前。手を出さんと思ったら大間違いやぞ!』

大阪府警では、2010年に東警察署の警部補(当時)が任意での取り調べ中に暴言をはいていたことが発覚。

翌年には、関空署の巡査部長(当時)が逮捕された外国人男性への取り調べ中に、胸を殴ったり、足を蹴ったりする暴行をしていたことも明らかになった。

小坂井久弁護士:
取調室はまさにブラックボックスで、言葉良くないが、一番法にのっとらねばならない場所が無法地帯だった。可視化してちゃんと透明にしない限り、必ず問題が起こる空間と考えないといけない。

小坂井弁護士も参加した法務省の法制審議会特別部会での激しい議論を経て、2016年に取り調べの録音・録画(可視化)を義務付ける法案が成立。

2019年6月から、殺人事件など裁判員裁判の対象となる事件と検察が独自に捜査する事件(全事件の2~3%)について、逮捕・勾留中の容疑者のすべて(全過程)の取り調べが「可視化」されることになった。

小坂井久弁護士:
自白偏重主義は、可視化を契機にして変わっていく。『自白させて反省させる』ことまでが捜査機関の役割という思い込みに支配されている。今日本の刑事司法は大きな変革期にあって、日本固有の(自白偏重の)取り調べというのが、本来の刑事司法にふさわしい取調べに変容していく過程にある。

一方、取り調べの可視化が捜査現場に与える影響について大阪府警の幹部は…

Q:個々の警察官にとって自白とらなければいけないという姿勢は変わってきている?

大阪府警察本部刑事部・佐竹明理事官:
当然暴言暴行など不適切な取り調べは絶対あってはならないのが大前提と思います。一部録音録画(の試行)が始まってから10年くらい経っていますし、慣れてきたという言い方が良いかは分からないが、その時代に合わせた取り調べの在り方について各捜査員の意識改革はしっかりできていると思います。

Q:現在では行き過ぎた取り調べはありえない?
あってはならない。

Q:ありえない?
あってはならない。絶対してはいけない。捜査員は分かっていると思います。

不起訴処分を受け、検察審査会へ申し立て

2019年5月、奈良地検から不起訴処分の連絡を受けた出羽教授は、その理由について説明を求めた。

岩手医科大学(法医学)・出羽厚二教授:
(検察官は)暴行があったともいえないし、なかったともいえないと。肝心なところは聞けなかった。

検察官から、詳しい説明はなかった。

6月5日、出羽教授は、市民が不起訴処分について審理する検察審査会へ申し立てを行った。

岩手医科大学(法医学)・出羽厚二教授:
これを見て頂ければ、一般的な感覚で、まず暴行を疑うのが当たり前のことだと思います。

闇の中に葬られつつある、密室での取り調べの実態。
取り調べの可視化によって、今後こうした事態を防ぐことができるのだろうか。

(関西テレビ)