俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が、車を運転中にバイクと衝突し、ひき逃げの疑いなどで逮捕された事件で、事故直後のくわしい逃走ルートが新たにわかった。

伊藤容疑者は28日、東京・渋谷区の交差点でバイクと衝突し、乗っていた男女2人に重軽傷を負わせたあと、救護などをせずに立ち去った、ひき逃げなどの疑いで逮捕され、30日朝に送検された。

伊藤容疑者は、Uターンをして事故を起こしたあと、交差点を左折して赤信号を待っていたところ、車で追跡してきた男性が、進路をふさぐように斜めに止めて、車から降りてノックし、伊藤容疑者を説得して一緒に現場に戻ったという。

調べに対し、伊藤容疑者は「気が動転していた。その時はパニックになってしまった」と話しているほか、バイクの男女に、けがをさせたことについて反省しているという趣旨の話もしているという。

警視庁は、伊藤容疑者が逃走した経緯について、慎重に調べを進めている。