自宅で79歳の母親の足を蹴ったほか、拳を押し当てて回転させるなどの暴行をしてケガをさせたとして、51歳の男が逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、北海道帯広市の会社役員の51歳の男です。

 男は10月6日午後4時30分ごろ、自宅で会社役員の79歳の母親の足を蹴ったほか、拳を押し当てて回転させるなどしてケガをさせた疑いが持たれています。

 母親から10月別のトラブルで警察に相談があり、警察が捜査したところ事件が発覚しました。

 警察によりますと男は母親と店を経営していて、男は「親と仲が悪い」などと過去に数回、警察に相談していたということです。

 男は調べに「合っているとも間違っているともお答えできない」などとあいまいな供述をしているということで、警察が動機と刑事責任能力の有無を慎重に調べています。