今年も残すところあと2カ月。29日から年賀はがきの販売が始まりました。人気アニメ「鬼滅の刃」とコラボレーションしたはがきも予約の受け付けが始まっています。

長野西高校書道班の生徒が描いたのは、「笑門来福」の文字。来年用の年賀はがきの販売開始に合わせ、長野市の長野中央郵便局でセレモニーが開かれました。

窓口の営業が始まると、早速、訪れた人が買い求めていました。

50枚購入した人:

「親戚の人に新年のあいさつを。昔からの方式で手書きです」

29日から県内の窓口で販売されるのは、来年の干支「丑」のデザインが描かれた6種類です。

そして、今年は、人気アニメ「鬼滅の刃」とコラボしたはがきも販売されます。29日からインターネットで予約の受け付けが始まり、窓口では来月20日から販売します。

日本郵便によりますと、初日の発行枚数は年々減少し、今回はピークの半分以下の19億4000万枚(全国)を予定しているということです。

長野中央郵便局・西澤靖広局長:

「(コロナ禍で)なかなか直接お会いできる機会がなかったと思う。近況や新年こんなことをしたいという思いを年賀状でお送りいただければ」

年賀はがきの投函受け付けは、12月15日から始まります。