10月31日は『ハロウィーン』。今年は新型コロナの影響を受けながらも例年とは一味違った楽しみ方ができそうです。去年は熊本市のアーケードでも仮装を楽しむ人の姿が多く見られました。しかし今年は「パンプキンの着ぐるみを買ったので(子供に)初めて着せようかな。家でハロウィンパーティー」と幼児連れの家族。熊本市にあるディスカウントストアでは1階の目立つ場所でハロウィーングッズを約3000点以上販売していますが、今年は新型コロナの影響で売れ筋に変化が出ているそうです。「例年は派手な全身コスチュームが中心に売れるが、今年はカチューシャやメイク用品など顔を中心とした商品が売れている」と店長。オンラインでハロウィーンパーティをする人も多いとみえて、ライト付きスマートフォンスタンドの問い合わせも増えているといいます。上半身をばっちり決めたらリモート参加でも楽しめそう。食べることでハロウィーン気分を味わいたい人のために熊本市のサクラマチクマモトにあるカフェでは幻想的な仕掛けのある『ハロウィン玉手箱スイーツ』を提供します。「当日、仮装してご来店のお客さまには特典がいっぱい」と副店長。コロナ禍だからこそ、自分なりのペースでハロウィーン気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。