プロ野球のドラフト会議で、阪神タイガースから7位指名を受けた上田西高校の高寺望夢選手。29日、担当スカウトがあいさつに訪れました。

高寺選手は高校通算31本塁打の打撃に加え、俊足、強肩の3拍子そろった内野手で、将来性が高く評価されました。

阪神7位指名・高寺望夢選手(上田西高):

「足には自信あるので評価していただいてうれしい。プロ野球選手になってからが勝負。スタートラインに立てた。これからが勝負だと思って頑張りたい」

今後、仮契約を結びプロとしての新たな一歩を踏み出します。