10月29日、2020年も残すところあと2カ月ちょっと、29日から2021年の年賀はがきの販売が始まりました。今、大人気のあのアニメがデザインされた年賀状も登場しました。

鹿児島市中央町の鹿児島中央郵便局です。

年賀はがきの発売日には例年、購入客の列ができていましたが、2020年は新型コロナの影響でイベントが中止され静かな販売開始となりました。

購入した人は「50枚買いました。1時間前に並んだ手にしたらわくわくする」と話します。

県内で販売される年賀はがきは2021年のうし年にちなみ、梅と赤べこを描いたものなど5種類あります。

日本郵便によりますと2021年の年賀状の当初の国内発行枚数は19億4200万枚で2020に比べ4億枚少なく過去最低になっています。

年賀状の受け付けは12月15日からで25日までに投かんすれば、元日に届くということです。

そして今回は2020年ならでは大人気アニメ、鬼滅の刃のキャラクターをモチーフにしたデザインの年賀状も登場しました。

1パック3枚入りで税込み660円で4種類あるということです。

ネットでの申し込みは29日から始まっていて、また11月20日からは鹿児島中央郵便局など県内22の郵便局窓口でも販売されるということです。