サッカーJ2の松本山雅は、新型コロナウイルスの影響で中止していたサポーターへの練習公開を9カ月ぶりに再開しました。事前に応募した50人が感染対策をして見守りました。

松本市のかりがねサッカー場。練習を見に訪れた松本山雅のサポーターが検温などをして入ります。

松本山雅がサポーターに練習を公開するのは、今年1月以来およそ9カ月ぶりです。

これまでは、新型コロナの影響で中止してきましたが、イベントの規制緩和に伴い29日から再開しました。

ただ、感染防止のため観戦できるのは応募して選ばれた50人。声を出しての応援は禁止となっています。

それでも久しぶりの練習公開にサポーターも喜んでいました。

サポーター:

「選手の生の声、元気な声が直に聞こえてよかった」

「もっと公開でやってほしいな」

「散々待ってたけど、やっとこうやって見られて後押しできれば」

29日の練習はおよそ2時間で、選手たちはミニゲームなどで汗を流しました。

松本山雅・村山智彦選手:

「(サポーターに)選手間の熱量だったり雰囲気を感じ取ってもらえたのは非常に大きいことなのかな」

松本山雅は現在22チーム中19位。サポーターの応援を力に、ここから巻き返しを図ります。

次の試合は来月1日にホームでレノファ山口と対戦します。