10月31日はハロウィーン。長野県須坂市では、園児たちが仮装パレードでにぎやかに街を練り歩きました。新型コロナウイルスの感染予防に使うあのアイテムも仮装に役立てました。

カラフルな衣装に身を包んだ行列。須坂市のマリアこども園の「ハロウィーンパレード」です。

(Q何に仮装した?)

園児:

「みどりの忍者」

「ドラキュラ」

「カウボーイ」

衣装は職員が6種類を用意。今年は感染予防のためのフェイスシールドも仮装に一役買っています。

さて、街の和菓子店に到着すると…。

園児:

「トリック オア トリート!」

特製のクッキーをもらいました。

園のパレードは毎年恒例で地元の商店や企業が協力。今年は保護者の参加を見合わせましたが、子どもたちは6カ所を回りお菓子の袋をいっぱいにして喜んでいました。

園児:

「うれしい」

「(Q. 誰と食べる)パパとママ」

感染対策もしながら、街の人ともふれあう温かいひと時となりました。